2017-03-30 (木) 08:41:50

LatticeMico Systemは、SDK Shellを使って、コマンドラインから開発を行うことができます。

SDK Shellは、LatticeMico System用にカスタマイズされたCygwinで、LatticeMico Systemのインストールと同時に導入されます。

[[&ref(): File not found: "" at page "LatticeMico System/SDK Shell";:]]

更新履歴

  • 2011-11-15 新規

公式webサイト

41ページ、240ページに、SDK Shellでの操作方法が記述されています。

ドキュメント

TIPS

SDK Shell(Cygwin)の場所

Lattice Diamondインストールフォルダ以下

micosystem\cygwin

にあります。

コンパイラ類の場所

Lattice Diamondインストールフォルダ以下

  • Mico8
micosystem\gtools\lm8\bin
  • Mico32
micosystem\gtools\lm32\bin

環境変数の設定

LatticeMico? System SDK Shellの環境変数は、Windowsの環境変数を利用します。

001.png

これが、1台のPC上で唯一のCygwin環境であれば問題ないのですが、複数の開発環境をインストールしている場合、問題が発生します。

002.png

環境変数の確認

以下のコマンドを入力します

env
  • 環境変数の読み込まれる順番について

icon_external.gif第9回 bashの便利な機能を使いこなそう

環境変数をクリアする

/etc/profile が起動時に読み込まれるので、これを読めない状態(ファイル名を変える)にしてみます。

004.png

envコマンド、lsコマンドすら使えなくなりました。

関連情報


この記事は役に立ちましたか?

選択肢 投票
役に立った 2  
役に立たなかった 0  
コレジャナイ! 0  

(画像の文字列を入力して下さい)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-30 (木) 08:41:50 (906d)