2017-02-14 (火) 11:49:16

Mico8を使って、アセンブリ言語の記述方法を示していきます。

更新履歴

  • 2012-01-23 新規

Mico8の仕様

レジスタ

8ビットの汎用レジスタが16個あります。

命令

加算、減算、論理積、論理和、分岐、代入命令があります。

プログラム例

2つの値を加算する

Mico8は2オペランドなので、

x = 0x12
y = 0x34
x = x + y

というような計算になります。記述としては、代入にmovi命令、加算にadd命令を使います。

テンポラリレジスタとして、r00、r01を使います。

movi r00, 0x12
movi r01, 0x34
add  r00, r01

これでレジスタr00に0x12、r01に0x34が代入され、加算命令により演算結果がr00に格納されます。

01.png

02.png

03.png

この記事は役に立ちましたか?

選択肢 投票
役に立った 1  
役に立たなかった 1  
コレジャナイ! 1  

(画像の文字列を入力して下さい)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-02-14 (火) 11:49:16 (886d)